タバコを売って儲ける会社の本性

タバコの中に含まれるニコチンは、中毒性があるので、タバコを吸うと誰でもニコチン中毒になります。その結果、タバコを一生やめられない状況に陥るのです。これは麻薬や覚せい剤と同じ構図です。中毒にさせられるので、本人の意志とは無関係に、タバコを吸い続けることになるのです。しかし、喫煙者は、「自分の意志で吸っている」というのです。それはあたかも麻薬や覚せい剤中毒の人が主張するのと同じレベルです。こんなふうに人間をニコチン中毒にしてしまって、タバコを売り続けるなんて、その企業は、ほんとうに人類に有益な企業といえるのでしょうか。タバコには発がん物質が200種類も含まれ、一酸化炭素が体内に入れば動脈硬化が進みます。それは人を老化させて、早死にさせる毒素です。

洗脳の効果

人を癌にし、高血圧にし、肺気腫にする、それがタバコの害毒なのです。人の健康を害するものを売り続ける会社は、悪魔の産業といえるのではないでしょうか?このような会社の株を買うことは、人類を不幸にすることに加担するのと同じです。テレビではタバコのコマーシャルをどんどん垂れ流していますが、タバコのCMを流すすべてのテレビ局は、有害な企業に加担する企業として認識していいでしょう。タバコ農家の人々も、同罪です。わざわざタバコを栽培しなくても、無農薬野菜や無農薬米を栽培して、人の健康に貢献するほうがよほど、社会に有益な仕事をしているといえるでしょう。


スポンサードリンク


悪魔のマーケティング タバコ産業が語った真実

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする