ニコチンは依存性が高い毒物

神経伝達物質の代用になるニコチンは、それ自体で依存性が高く、依存症になる速度は麻薬やアルコール以上に速い危険な物質なのです。ニコチンが神経伝達物質になり代わるため、ニコチンに依存していくことで中毒になります。脳内にある神経細胞をつなぐシナプスでは、神経伝達物質のやり取りで連絡をとっています。神経伝達物質というのは脳が信号を送るための材料で本来は自分自身が分泌している成分です。ニコチンは、脳にあるアセチルコリンという神経伝達物質の代わりに、シナプスに結合してしまう特性があります。すると快楽物質である、ドーパミン分泌を促してしまいます。ドーパミンは快感や意欲の感情をおこす脳内ホルモンです。タバコを吸うと快感、幸福感を感じるのはこの仕組みによっているのです。喫煙者では、アセチルコリンは次第に減少しますので、タバコのニコチンがないと、自分ではドーパミンが出せない体になり、ニコチンが切れると禁断症状が出ます。まさに薬物の奴隷状態です。

スポンサーリンク

ニコチン依存症

しかも、タバコのニコチンは一度体に吸い込まれると、その70パーセントしか排泄されません。残り30パーセントは体内に蓄積し続け、さまざまな悪影響を与えます。血液をどろどろにして、動脈硬化を起こします。頭痛、低体温を招いたりもします。ニコチンの七割は肝臓でそのコチニンという物質に代謝され、尿から排泄されますがその結果、肝臓が酷使されて疲弊します。飲酒同様、喫煙は肝臓病の大敵なのです。肝臓は本来は、体の老廃物を解毒して排泄しますが喫煙によってたえず酷使されていれば、その働きは低下します。肉体の老化がどんどん加速するのです。ニコチンは老化促進物質であり、きわめて有害なものなのです。

あわせて読みたい関連記事: