たばこを吸えば吸うほど自殺しやすくなる

たばこを吸う本数が多いほど自殺の危険が高まるという調査結果がでています。中年男性で特にこの傾向が強くなることが、厚労省研究班の発表により明らかになりました。日本人の中年男性を調査したところ、1日に吸うたばこの本数が多いほど自殺する危険性が高まることが大規模疫学調査により判明したのです。厚生労働省研究班は40才から60代の男性を約4万5000人について約10年間追跡して調査しました。人数の規模からもこれは信頼に値する研究結果です。厚生労働省研究班はこの間に自殺した173人の喫煙状況を調べました。すると、1日の喫煙本数が20本未満の人と比べて、自殺の危険性は30本以上40本未満の人で1・4倍と高まっていたのです。さらに一日40本以上の人で1・7倍にまで自殺のリスクが高まっていたのです。


スポンサードリンク

喫煙すると自殺しやすくなる

最近、タバコを吸うほうが自殺率が減少するという意見をのべる喫煙擁護者がいますが、大規模な疫学調査で、はっきりとその間違いが示されていることをどう説明するというのでしょうか。これは厚生労働省研究班の研究であり、その主任研究者である津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長らが大規模疫学調査の結果、まとめた正確なデータです。日本はこの十年、年間3万人を超える自殺者が出ています。日本は禁煙を促進していけば自殺率を減少させることができるかもしれません。禁煙で自殺が減る可能性がある以上、喫煙本数の多い人は自殺のリスクがあることをふまえて、タバコをやめることをおすすめします。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする