タバコを吸う女性は乳癌になりやすい

喫煙によって、乳癌が発生する危険が4倍にまではねあがることがわかっています。たばこを吸う閉経前の女性は、タバコの発ガン物質のために、吸わない人に比べて乳癌の危険性がなんと約4倍まで高まるということが判明しています。このデータは、厚生労働省研究班の大規模疫学調査で判明したものです。

スポンサードリンク

喫煙による乳癌の増加はまちがいない事実

主任研究者である津金昌一郎さんは国立がんセンター予防研究部長をされています。この喫煙による乳癌の発生は、自分が吸っていなくて、周囲の誰かの吸うタバコの煙でも影響はあります。つまり、受動喫煙でも危険性は上がるのですが、この影響は主に閉経前の女性で明確に出ています。閉経後の女性ではこうした関係はみられなかったため、たばこの影響は、乳がんとかかわりの深い女性ホルモンの分泌が活発な状況下で特に現れやすいのです。30代、40代の女性は特に注意が必要です。喫煙習慣があるならすみやかに禁煙すべきです。

喫煙者は乳癌になるリスクが極めて高い

この研究では、40~50代の約2万人を10年間追跡して判明したデータから、こうした事実が判明しました。受動喫煙の影響については、「喫煙者と10年以上一緒に住んだ」か「職場などで毎日1時間以上煙を吸う機会がある」場合で判断したとのことです。このような環境で日々をくらす女性も多いのではないでしょうか。女性にとっての最大の敵ともいえる乳癌ですが、その乳癌を引き起こす最大の要因が、タバコだということをすべての女性が知っておくべきです。会社経営者は女性がたばこの煙にさらされることのな職場環境を構築する義務があります。

スポンサードリンク

受動喫煙であっても乳癌は増加している

調査開始時に閉経前だった女性において、喫煙しているか過去に喫煙していた人の乳がん発症の危険性は、3.9倍もありました。そして受動喫煙のみの人でも、乳癌の発生の危険性は2.6倍もあったのです。これを知れば、受動喫煙でも危険なのだとわかります。つまり、夫婦で暮らしている場合、夫が喫煙者であるだけで妻は乳癌になりやすいといえるのです。結婚している男性は、パートナーの女性のために禁煙すべきです。これだけの因果関係が証明されているにもかかわらず、タバコを吸い続ける夫は妻を愛していないとさえいえるでしょう。本当にパートナーを大事に思うなら、迷わず禁煙を選択できるはずです。どうしてもやめられないなら禁煙外来を受診してでも禁煙をやり遂げようとするのが、本当の夫婦愛といえるでしょう。

あわせて読みたい関連記事:

スポンサードリンク