女性の敵はタバコです、一日も早く禁煙しましょう

禁煙について、女性の敵はタバコであると知っていても、やめられずに悩んでいる人は多いと思います。なぜ、禁煙ができないのかというと、もっとも大きな要因は、タバコを吸い続けると、精神的にもそれに依存するようになり、身体的にもニコチン依存症になって、薬物中毒者の一種になってしまうからです。そして、吸い続けると、どのような結果が待っているかについて多くの喫煙者は、具体的なイメージがどうしてもできないからです。例えば、タバコの有害成分のなかでも発癌物質は有名です。約二百種類を超える成分が発癌関連物質として、タバコに含まれています。これらの成分は煙とともに肺から吸収されて血液に溶けて全身をめぐり、細胞のDNAを破壊することで癌細胞を発生、いろいろな癌疾患を発症させます。肺癌、舌癌、食道癌、喉頭癌、乳癌、胃癌、膵癌、大腸癌などの癌は喫煙者に多いことがわかっています。


スポンサードリンク

女性の若さを奪い乳癌のリスクを高めるタバコはすぐに止めるべし

乳癌は喫煙者には、非喫煙者のなんとほぼ四倍も発生し、その他の癌も二倍以上がほとんどです。老化を促進させるので喫煙女性は確実に早く老けます。女性としての魅力も早く失われます。これだけの情報を知っても、まだ吸っていられるのは、例えば、乳癌の治療の苦しみや、例えば、肺癌の苦しさやつらさをなかなかイメージできず、実感できないからです。そうして、病気になってから後悔する女性が多いです。禁煙を成功させるには、病気の症状や苦しみについてよく勉強することをおすすめします。癌のほかにも、喫煙で起きる慢性肺疾患の息苦しさ、生活していくつらさを目の当たりにして詳細に知ると、恐ろしくてタバコは吸えなくなります。自分が喫煙するだけではなく、受動喫煙でも起きる心筋梗塞や脳梗塞の症状や発症後の生活上での苦痛をよく学べば、タバコなどとても吸う気になりません。そういう病気のイメージをしっかりと学ぶことが禁煙成功の一つの方法となります。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする