タバコは母親の敵であり子宝の敵でもある

タバコが流産の原因だった

タバコを吸っていると、流産しやすくなります。
このため、なかなか妊娠しないということになるのです。

タバコの成分であるニコチンは、全身の血流を阻害します。
子宮や卵巣においてもこの悪影響が出ます。

そのため、せっかく受精したのに、早期流産となり、胎児が生育しないのです。
18パーセントの女性が妊娠判明時に妊娠していたことがわかっています。

母親のタバコで未熟児や障害児が増える

もし、無事に育っても、未熟児で生まれる可能性が高くなります。
低出生体重児ともいいますが、なぜ、未熟児になるのかというと、
タバコのニコチンの血流阻害作用のためです。

妊娠中の母親の喫煙行為がいかに胎児を傷つけているか。
これは小学校教育の段階からもっと徹底して子供に教えるべきです。
また中学校でも、今以上に繰り返し生徒に指導される必要があります。

タバコは子宮や胎児の血流を障害している

子宮に十分な血液が流れないため、胎児は栄養不足に陥ります。
そして生育が阻害されて、未熟児となるのです。
未熟になるのは体の大きさだけではないのです。

学習低能児が生まれる可能性が高いです。
欧米での研究で、学習低能児の母親の多くは、
妊娠中に喫煙していたことがわかっています。

脳の成長にも大きな悪影響があるのです。
このような危険な喫煙をいますぐに止めましょう。
禁煙こそ、不妊治療の第一歩といえるのです。

あわせて読みたい関連記事: