タバコもアイコスも美と若さを破壊する

欧米ではすでに十数年以上前から、喫煙者での歯周病が、吸わない人に比べて
重篤であることが報告されてきました。
喫煙は口腔衛生を考える上でも重要な問題となっています。
タバコの煙がまず最初に触れる場所が口の中の組織です。
煙はさらに吸引されると一旦、肺の中に入り、
そして逆もどりして口または鼻から出て行きます。


スポンサードリンク

女性の老化を加速するタバコの有害物質

タバコの煙の中には、ニコチン、タール、一酸化炭素、
シアン化物などをはじめ、2000を越える有害物質が含まれています。
それらの物質が肺や心臓に害を与えるように、

歯の周りの組織(歯周組織)にも悪い影響を及ぼすことになるのです。
欧米では歯周病の治療を希望する患者さんには、まず、禁煙を約束させることが常識です。

タバコは細胞を老化させ、血管を動脈硬化させ、
全身の皮膚や組織の老化を促進させます。美容を考える上で、禁煙は必須事項なのです。

アイコスも葉タバコからつくられている

女性を中心にアイコスが流行っていますが、若干、有害性を軽減させているだけで
葉タバコを原材料にして吸入させているのは、一般のタバコと同じです。
つまり、発がん物質の吸引をしているという事実は変りません。


スポンサードリンク

アイコスでも乳癌をはじめとするさまざまな癌の発生は促進されているのです。
また、中毒性も同じことであり、ニコチン依存症という側面は、同一です。
形態を多少、変えたところで、健康を害する有害なものである点はそのままです。
乳癌になりたくなければ、アイコスもやめておくべきです。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする