タバコの煙はPM2.5と同じ毒性

中国では今、都市全体がシックハウス症候群の状態になっています。
北京や上海は光化学スモッグで空が曇り、住民は喘息や皮膚炎が激増しています。
この有害物質をPM2.5と呼んでいます。
全身倦怠感に苦しむ人も増えています。有毒化学物質を吸い込んでいるからです。
外出にはマスクは必須ですし、お金持ちはみな空気清浄機を使い、窓は開けません。


スポンサードリンク

発がん性のあるPM2.5はタバコの煙と同じ

そんな中国の公害が、黄砂といっしょに日本にも飛来しているのです。
すでに西日本ではほぼ毎日、黄砂が降っています。発がん物質も含む化学物質と
黄砂のまざった汚染粉塵が風にのり中国から大量に飛来しているのです。

東日本でも日によりますが、これが降り注ぐほどになりました。
日本でも原因不明の咳喘息や皮膚掻痒症が増えているのはこのせいです。

予防には中国から飛んでくる汚染物質を吸い込まないことしかありません。
それには、外出にはマスクを使用することはもちろんですが、自宅や会社には、空気清浄機が必須です。
タバコの煙とPM2.5はほとんど同じ有毒物質を含んでいます。

中国からの大気汚染よりも恐ろしいタバコの害

中国の農薬汚染の野菜が毎日のようにスーパーに並んでいます。
中にはネオニコチノイド系農薬のかかったものも多く、これは洗っても落ちません。
皮をむいても、内部に浸透性の農薬なので、防げません。
そして空気にまで害をなし、発癌性のある有毒化学物質のついた黄砂が
日本にむけて飛ばされているという中国の環境汚染ですが、
それと同等の有害な大気汚染は実はタバコの煙なのです。
タバコは、人類を滅ぼす有毒物質です。


スポンサードリンク

PM2.5をいくら避けても喫煙者は自分で吸い込んでる

タバコを吸うことは、PM2.5の充満する大気汚染の中に暮らすのと
同じ有害な影響を人体に与えています。
動脈硬化を促進して血管をつまらせていくので心臓病や脳梗塞を増やします。
また、肺気腫や慢性気管支炎を引き起こし、肺の組織を荒廃させます。
200種類を超える発がん関連物質が身体の至るところに癌細胞を発生させます。

タバコの誘発する癌は肺がんや食道癌、喉頭がんだけではないのです。
乳癌も増やしますし、大腸癌や子宮がんや胃癌、すい臓がん、膀胱がん、
といったあらゆる癌の発生率を高めてしまうのです。

そして、タバコに含まれるカドミウムは脳内に蓄積していくのです。
カドミウムが脳内で作用し、幻覚や攻撃性を高めたり、うつ状態を招き、
精神疾患の発症を後押ししていることもわかってきているのです。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする