禁煙成功法

禁煙がなかなか実現しない背景に精神的な依存があります。タバコを吸うという行為そのものに精神的な依存があるのです。行動心理学的な背景があり、喫煙行動そのものに精神的安定を求めているケースで、意外に多いのです。まずは喫煙行為そのものを温存できるように変更することで、ニコチンが体から排除されていくのでまずはニコチン中毒から自由になります。


スポンサードリンク

ニコチン依存症から解放されるには考え方をまず変える

ニコチン依存症から解放されてしまいさえすれば、後は喫煙行動そのものを手放すことは簡単にできます。ニコチン中毒の要素が強すぎる場合は、医療機関の禁煙外来を受診して、ニコチン製剤を処方してもらうことで、喫煙行動からやめていき、ニコチンも離脱するという流れで禁煙していきます。ただし、もっとも大事なことは、なぜ禁煙が必要なのかを心底から納得して理解することです。自分の人生の中に、タバコは不要なのだと完全に得心する必要があるのです。禁煙外来のドクターはそういう気持ちになるまでカウンセリングしてくれます。


スポンサードリンク

タバコは肺疾患や心臓疾患や様々な癌を引き起こす毒物

現在は、黄砂やPM2.5、それに排気ガスなどの有害な空気汚染が日常茶飯事です。その汚染にさらされながら、さらに発ガン物質の塊でもあるタバコに依存しているなど、正気の沙汰とも思えません。喫煙は確実に健康寿命を奪い取るスローモーションの自殺行為なのです。一日も早くまずはタバコをやめていきましょう。タバコの中には発がん物質が二百種類以上も含まれており、慢性気管支炎や慢性閉塞性肺疾患を引き起こし、肺ガンや胃がん、食道癌、大腸癌もおこしてしまいます。一日も早くやめることです。心筋梗塞、脳梗塞、認知症も喫煙によっておこる病気なのです。

中毒性のあるタバコからいかに絶縁するか

精神的な依存をまず手放す必要性があります。人生においてなぜ禁煙が必要なのかを徹底的に理解することが重要です。禁煙外来でもそういったカウンセリングをまず徹底して行っていきます。なぜ、禁煙する必要があるのかを完全に納得できるまで繰り返し、話し合うのです。そうすることで禁煙しようというモチベーションが湧いてきます。これと同じ効果を引き出すような本もあります。そうした本を読むことでも、同じように禁煙の意志を強化していくことができるのです。じっくりと本を読む時間もないという人は、禁煙外来に行く方が早いかもしれません。じかにドクターからいろいろな話を聞くほうが、意識にストレートに入ってくるので、思考を変えていくのには早いといえるでしょう。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク