禁煙のために

禁煙は、ニコチン依存という薬物依存の要素と、喫煙行動そのものへの依存の二種類があります。喫煙行動という行動そのものが精神的依存の対象になるということです。この喫煙行動の部分を別物に代替させてあげるだけで、禁煙が簡単に成功することも多いです。ニコチンを含まないので、ニコチンやタールなどの有害な発ガン物質が含まれていないため健康上の有害性がありません。ただ、タバコのようなものをタバコのように吸い込んでいるだけの話になります。実際のタバコには二百種類もの発ガン関連物質が含まれており、医学的な大規模調査でも肺ガン、大腸癌、胃がん、乳がんはじめあらゆる癌の発生が喫煙によって増加することがわかっています。


スポンサードリンク

禁煙プログラムの効果

これらのリスクから解放されるので、健康に関しては大きな改善が期待できます。しばらく続けているうちにニコチンが体から抜けていくので、やがては喫煙行動そのものへの依存もじょじょに少なくなり、最終的にタバコなしにできる人も多いです。禁煙したい人は、いろいろな方法があるわけですが試してみる価値は十分にあるといえるのです。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする