タバコの活性酸素が寿命を縮める

たばこがどれだけ有害であるかを示している実験があります。たばこの煙を吸ったショウジョウバエの幼虫を調べた実験です。この実験ではタバコの煙を吸い込んだ幼虫は成長の過程でその多くが死んでしまうのです。これは岡山大薬学部の根岸友恵助教授が発表している研究結果です。日本癌学会でもこの研究は発表されています。喫煙とがんの関係は直接にタバコを吸った場合つまり主流煙については医学的には結論が出ています。副流煙の影響についても発がん性についての研究結果がさまざまに出されています。ショウジョウバエの幼虫での実験では特に副流煙が人体に及ぼす影響を実証する目的で行われました。そのため、たばこの煙を充満させたプラスチックケースの中に、ショウジョウバエの幼虫を入れ、それぞれ二時間半と五時間後に取り出し、成虫になるまでの生存率を調べました。


スポンサードリンク

タバコは老化を加速

たばこの煙を二時間半吸わせたグループの生存率は69%、五時間のグループは33%まで低下していました。研究では、ハエの種類を変えてみたり、タバコの種類を変えてみたり、煙と接触する時間を変えてみたり、さまざまな形で生存率を調べましたが、煙を吸い込んだ時間が長ければ長いほど生存率は低下していました。そして死んだ幼虫を調べたところ、遺伝情報を持つDNAは無傷で、染色体の突然変異もおきていませんでした。この実験から、副流煙の致死的作用の中にたばこの煙が発生させた活性酸素の影響があるのではないかと指摘されています。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする