タバコの一酸化炭素が血管と脳を老衰させる

タバコには老化促進も暗算能力の低下もおこりえないと主張する学者が出てきたり、タバコが有害か否かの論争がいまだ起こっているようです。しかし、タバコの煙が大量の一酸化炭素を含み、それが血管に高濃度で溶け込むことは事実であり、タバコさえ吸わなければ、それらの一酸化炭素は体内に入ることはありません。一酸化炭素が血液に溶け込めば、血管壁の酸化による老化を促進して、余分な活性酸素を生じ、血管から肉体が老化していきます。わざわざ、老化促進する一酸化炭素をタバコで一生懸命吸い込むことは、スローモーションの自殺であって、愚かな行為です。また、暗算能力の低下がおこりえないとして脳への悪影響を否定する学者がいますが、タバコを吸う習慣がある人のほうが認知症を発症していることは世界的な統計で証明されている事実です。タバコは暗算能力の低下どころか、認知症というもっともおそろしい脳機能の低下を招くのです。その最大の原因物質になるのがタバコの煙とともに吸い込まれる一酸化炭素にあります。タバコとは一酸化炭素中毒を非常に薄めた形で日常的に経験しているのと同じなのです。それは血管壁を老化させ、脳細胞を認知症へと傾けていきます。禁煙否定派の学者は、副流煙によって体に害を及ぼすほど、副流煙を普段の生活で大量に摂取する事は難しいなどと主張しています。しかし、換気の悪くなっているせまい部屋や事務所などでは、いまでも、日常的にタバコの煙が蔓延した中で長時間過ごさなければならないことはありえます。心臓病や喘息の患者が副流煙がわずかにあるだけでも悪影響を受けることは医学的に証明されていますし、アレルギー体質の場合は、ほんのわずかなタバコの煙でもはげしい喘息発作がおこります。長年一緒にいる夫婦で夫の喫煙で妻が肺ガンになるリスクが2倍もあります。これだけ周囲に迷惑をかけるタバコは、すでに個人の嗜好の問題を超えた社会的な問題なのです。

スポンサーリンク

人類にとっての害毒

タバコを吸う人はえてして生活が不規則で過度のストレスを抱えている人が多いという統計があることから、病気の原因はタバコよりも生活習慣にあると主張する一派もいますが、そもそもタバコを吸うからこそ、生活が不規則になりストレスが増えると考えるのが妥当です。タバコを吸うことでニコチン中毒という疾患の状態になりますので、その禁断症状がストレスとして存在し続けるわけですから、タバコが原因と考えるのが自然です。タバコを吸う人に多い悪しき生活習慣が病気の原因でありタバコは無関係だというのは屁理屈もいいところです。生活習慣が違う人の病を統計にとっても当てになりませんなどと、統計を否定している
学者もいますが、そもそも、すべての人類において、生活習慣がまったく同一はありえず、
だからこそ、統計学によりさまざまなパラメーターを計算して、それでもタバコが原因と考えられるものを発表しているのですから、これこそ、屁理屈の極みであります。こんなことをいうならば、すべての医学的な統計は無視されてしまうことになります。それに肌荒れなんて、タバコを吸わなくてもストレスを感じればホルモンが狂って簡単に荒れるから、タバコのせいじゃないと主張する馬鹿もいますが、一卵性双生児を対象にした実験で、双子の一方が喫煙者で、もう一方が非喫煙者の場合は、喫煙者のほうが、顔の肌の老化が明らかに促進されていたという調査結果がすでに出ているのです。タバコ以外でも肌は荒れるかもしれませんが、タバコを吸えば、いっそう肌の老化が進むのです。肌だけではなく血管から脳、身体全部が老化し、早く死ぬことになります。喫煙擁護派の屁理屈にだまされてはいけません。彼らはタバコ会社の回し者であり、みずからも喫煙者であることがほとんどです。

 

あわせて読みたい関連記事: