受動喫煙

禁煙政策

職場における受動喫煙防止対策

受動喫煙の健康被害を予防することは労働安全衛生において重要視されてきています。企業によっては採用時に、喫煙していないことを採用条件にする会社も出てきています。受動喫煙をした人は、その心身への影響として、流涙、鼻閉、頭痛などの症状がおこります...
禁煙政策

たばこ増税は受動喫煙の被害者を救うための方策

たばこの発がん性が広く知られ、受動喫煙の被害への理解が広がりつつあります。禁煙推進のため、たばこ増税を求める声が強まっています。財務省のたばこ増税案は2018年から3年かけ1本あたり3円増税するものです。現在1本あたり約12円のたばこ税です...
禁煙政策

「子供を受動喫煙から守る条例」と日本臨床腫瘍学会

日本臨床腫瘍学会が、禁煙宣言を出しました。その宣言内容とは、日本臨床腫瘍学会とその会員は、あらゆる機会をとらえて禁煙を推進しますとのことです。また、すべての喫煙者に禁煙を指導しますとのことです。このほか9項目を宣言しています。喫煙は、癌や腫...
タバコの害

屋内全面禁煙を早期実施し、受動喫煙の被害を減らそう

喫煙が原因でおこる病気の医療費そのほかが世界経済に及ぼす年間1兆ドルに なる経済損失は、喫煙関連死者数は約600万人と並び人類の抱える大問題です。 WHOが2013年から2014年のたばこ税(税収約2690億ドル) よりも、喫煙コスト...
タバコの害

受動喫煙の被害をゼロにするために

厚生労働省が長年にわたって、我が国の禁煙政策を怠っている間に、 日本の医療費は増大し、タバコが原因で起こる心臓病や脳梗塞や高血圧の 患者が激増し、製薬会社や医療業界は儲かる一方、国家財政に大きな負担を 生んできました。日本は、受動喫煙...
タバコの害

一年間に一万五千人もの人が受動喫煙で死んでいる

受動喫煙の影響で死亡する人がどれぐらい存在しているかご存知でしょうか。 なんと、年間一万五千人と推計されているのです。 厚生労働省の研究班は非喫煙者で、家族や職場の同僚が喫煙している場合で 試算をしたところ、年間、一万五千人が受動喫煙...
タバコの害

受動喫煙は癌や呼吸器疾患や心臓病の誘因になる

受動喫煙でも癌になることがある 本人はタバコを吸わないのに、周囲の人間の喫煙によって 結果的にはタバコを吸ったのと同じことになってしまう。 それが「受動喫煙」です。タバコの副流煙による害です。 アメリカの調査では、いつもタバ...
妊娠とタバコ

妊娠判明時に18%が喫煙しているという異常さ

妊娠中に喫煙すると、ニコチンやタールをはじめとする化学物質が胎児の脳の発達を阻害し、学習低能児や発達障害児が生まれることが世界的な研究でもすでに明白になっています。ところが、妊娠が分かったときに喫煙していた女性は全体の18%もいます。つまり...
タバコの害

受動喫煙の環境学

医学的な統計をみるときには。調査の比較対象や、調査の規模などをよくみて、判断する必要があります。タバコが人体に癌を発生させたり、心筋梗塞や肺気腫をおこすことは、世界中で統計学的な大規模調査が行われて判明したことであり、アメリカでは、政府とタ...