禁煙政策

禁煙推進し喫煙者を日本からなくすには

喫煙者がいなくなることで医療費が半減するほどになることは以前から指摘されてきたことです。医療費の高騰の原因となるほとんどの病気が喫煙によって発症し、喫煙によって増悪する病気です。また、たとえ発症しても禁煙すれば治ったり、症状が軽減したりする...
禁煙政策

職場における受動喫煙防止対策

受動喫煙の健康被害を予防することは労働安全衛生において重要視されてきています。企業によっては採用時に、喫煙していないことを採用条件にする会社も出てきています。受動喫煙をした人は、その心身への影響として、流涙、鼻閉、頭痛などの症状がおこります...
タバコの害

受動喫煙は深刻なPM2.5問題

微小粒子状物質PM2.5とは、大気中に漂う粒径2.5μm以下の小さな粒子のことです。PM2.5には有害な成分が多数含まれており、粒径が小さいので肺の奥深くにまで入り込んで、肺癌や心臓病を起こすのです。髪の毛の太さの30分の1ほどの細かな粒子...
禁煙セラピー

禁煙治療のスケジュールと費用は?

タバコがやめられないと悩む時、禁煙外来を受診しましょう。禁煙治療は、三か月間で五回ほどの通院で、二万円以内です。標準的な禁煙治療のスケジュールは、おおむね12週間をかけて五回の診察を行う場合が多いです。初回の診察で、禁煙を開始し、二週後に再...
タバコの害

糖尿病の人は禁煙しないと危険

糖尿病の人は禁煙が必須です。食事やレシピを工夫するよりも禁煙です。糖尿病の食事のレシピで、炭水化物や糖質を減らすことで糖尿病が改善するという方法が普及しつつあります。血糖値の数値も改善していくものが多いようです。糖尿病は炭水化物を摂取すると...
禁煙政策

たばこ増税は受動喫煙の被害者を救うための方策

たばこの発がん性が広く知られ、受動喫煙の被害への理解が広がりつつあります。禁煙推進のため、たばこ増税を求める声が強まっています。財務省のたばこ増税案は2018年から3年かけ1本あたり3円増税するものです。現在1本あたり約12円のたばこ税です...
禁煙政策

「子供を受動喫煙から守る条例」と日本臨床腫瘍学会

日本臨床腫瘍学会が、禁煙宣言を出しました。その宣言内容とは、日本臨床腫瘍学会とその会員は、あらゆる機会をとらえて禁煙を推進しますとのことです。また、すべての喫煙者に禁煙を指導しますとのことです。このほか9項目を宣言しています。喫煙は、癌や腫...
禁煙政策

フレイルを減らすには禁煙推進の啓蒙が必須

高齢になって筋力が低下し、心身の活力がなくなってくる状態をフレイルと呼びます。「フレイル」状態の人が、国内に250万人以上は存在しています。フレイルの人の大部分は介護を受けないと生活できません。フレイルの悪化を防止するには、十分な栄養をとら...
禁煙セラピー

「タバコやめる気ありませんので」という患者

内科医をはじめとして、多くの誠実な医師たちを困らせるのが、「タバコやめる気ありませんので」という患者です。高血圧や糖尿病や慢性閉塞性肺疾患の治療を受けているにもかかわらず、このようなセリフを吐く患者がいます。主治医は、治療の効果をあげるため...
たばこ産業

禁煙をすることがなぜあなたにとって大切なことなのか

タバコを販売している会社というのは、人間を癌や心臓病や肺気腫や認知超などの病気にさせる毒薬を販売している会社ですので、どう考えてもこれは悪徳企業と見なさざるを得ません。そのような企業が存在できるのは、わたしたちが、タバコを合法的なものとして...