やしきたかじん

やしきたかじん氏が、食道がんのために64歳で病死しました。ヘビースモーカーとして知られた、やしきたかじん氏です。これまでも、喫煙者のタレントが食道がんで亡くなった事例はたくさんありました。やしきたかじん氏もまた、その末席につかれたのです。なぜ、タバコを吸うと、食道がんになりやすいのでしょうか。それは、タバコの発がん物質が、喉に付着し、食道に落ちるからです。

ニコチンだけがタバコの害毒ではありません

強い発がん物質であるタールのほか200種類もの発ガン促進の化学物質がタバコには含まれているのです。食道癌と喫煙の関係は医学的に完全に証明されています。やしきたかじん氏が、もし、喫煙者でなかったら、あと20年は活躍できていたに違いないのです。84歳まではテレビで活躍できたことでしょう。タバコは老化を促進し、肺癌や食道癌や乳がんを引き起こすのです。また、動脈硬化で全身を老化させてしまいます。

タバコで食道癌になる

食道がんは、治りにくい癌であり、タレントでこの食道癌になった人は、勝新太郎でも、三浦洋一でも、皆、助かることはありませんでした。進行してから見つかることが多く、治療で改善することは少ないです。ですから、この食道癌を予防する方法は、禁煙しかありません。いま、タバコを吸っている人は、すぐに禁煙して食道癌を予防しましょう。

喫煙する芸能人には食道癌や肺癌による死亡が多い

やしきたかじん氏は、すばらしい才能があり、これからまだまだ活躍していけたはずでした。その命をこのような形で失うことになったのは、ひとえに、彼がヘビースモーカーだったからなのです。もし、食道癌になったら、すぐに禁煙するのはもちろんですが、下記の食事療法をすることで、なんとか、延命を図るしかありません。

晩期ガンから生還した15人の食事 (膵臓・食道・胃・大腸・肺・前立腺・卵巣・乳ガン……奇跡の症例)

あわせて読みたい関連記事: