「タバコやめる気ありませんので」という患者

内科医をはじめとして、多くの誠実な医師たちを困らせるのが、「タバコやめる気ありませんので」という患者です。高血圧や糖尿病や慢性閉塞性肺疾患の治療を受けているにもかかわらず、このようなセリフを吐く患者がいます。主治医は、治療の効果をあげるために患者の生活習慣の改善を指導するわけですが、それを素直に受け入れて、生活習慣を改める患者は、病気もよくなっていくものです。ところが、医師の指導を拒絶し、生活習慣を変えようとしない患者もまた多いのです。

禁煙する気がない患者の心理は?

高血圧や糖尿病の薬を飲んでいる、慢性気管支炎や肺気腫や喘息で吸入している、にもかかわらず、タバコを止めようとしない人は、心の中でどのようなことを考えているのでしょうか。彼らの言い分の共通点は以下のようなものです。いわく、「もういつ死んでもいいから好きなタバコを吸う」「タバコやめてまで生きててもしかたない」「長年、喫煙してきたので今さらやめても意味がない」。その究極の心理は、「自分の人生なのだから好きなように生きるのだ、人の言いなりにならない」といったものでしょう。
まだ、「やめたいのだけれども、どうしてもやめられない」と悩んでいる人のほうが禁煙に成功する可能性が高いといえます。なぜなら、「やめたい」と願っているなら、禁煙外来を受診するかもしれないからです。

喫煙者の言い訳はすべて論破できる

禁煙外来に行くと、患者の考え方を変えるために、最初に知識を学ばせます。喫煙者の多くは、喫煙することで、肉体がどのような形でダメージを受け、どのように壊されていくのかについての知識がないのです。また、ニコチン依存という薬物依存症、つまり薬物中毒のおこる仕組みについても無知なのです。それをまず理解することから、治療が始まります。喫煙が、麻薬や覚せい剤や違法ドラッグと同じ仕組みで脳に依存症を引き起こし、いったん依存症になると、自分ひとりだけの努力ではどうしても依存症から脱却できないため、やがて、依存を正当化する屁理屈を考え出して、自分をだますようになるのです。問題を屁理屈でごまかして、一種の思考停止状態に入り込むことで、喫煙習慣が続いていくのです。

喫煙のすべてのデメリットを完全に知れば思考は変る

喫煙者の言う「いつ死んでも良いから」という理屈が成り立たないことをまず知らせる必要があります。喫煙で起こる病気は、心筋梗塞や脳梗塞や癌などですが、それらはいずれの場合も、ぽっくりと安楽に死んでいけるような病気ではありません。痛みや苦しみと長い時間、戦いながら、死を待つということをまず理解する必要があるのです。禁煙するストレスにも耐えられない人間が、心臓病や癌で死ぬときの苦悩に耐えられるのでしょうか。多くの場合、相当な苦しみを味わいながら死を迎えることになるのです。そして、その闘病のあいだ、親や子供や親族などの身近な人がさまざまな迷惑と苦しみを受けます。自分一人ではないのです。まわりの人にも迷惑をかけるのが喫煙者の末路なのです。

医療費を高騰させて国を亡ぼす喫煙者

喫煙していると保険に入れないことがありますが、その理由は言うまでもなく、喫煙者は医療費が高額になることが多いからです。心筋梗塞も脳梗塞も癌も、莫大な医療費がかかる病気です。それらの医療費を誰が支払うのでしょうか。医療費以外にもさまざまなお金がかかります。それは家族が負担することになるのです。また医療費も保険診療の日本では、国の財政を圧迫しているのです。喫煙者は日本国の財政にも大きな迷惑をかけていることに自覚を持つ必要があります。喫煙者には、タバコ税とは別に、医療税のようなものを要求しないと、非喫煙者との公平性が保てないとする意見もあるのです。こうしたことに意識が向かない喫煙者というのは、自己中心の塊であり、自分さえ良ければいいというエゴイズムの権化だと言えるでしょう。喫煙によって病気になった患者も、それ以外の患者も、医者は真剣に助けようとしますが、喫煙で自分の健康を自分で壊している患者に、果たしてそこまでしてあげる意味があるのでしょうか。

あわせて読みたい関連記事: