ニコチン中毒という薬物依存症

スポンサーリンク

喫煙とは、ニコチン依存症であるとWHOでも定義されていますが、自分がニコチン中毒という薬物依存症になっていることを認識できている喫煙者はほとんどいません。もし、ニコチン中毒という薬物依存に自分がいつしか陥ってしまったのだと知れば、自分が好きで吸っていたという理由が消滅することになります。好きだから、タバコを吸っているんだ、好きなことをして何が悪いと、喫煙者はいいます。

禁煙は依存思考を脱却することから

しかし、その好きという理由が錯覚でしかなかったということに気づけば、タバコという名の人間をニコチン中毒にする毒物を吸わされて、依存症になりはて、お金をタバコ販売企業にどんどん貢いでいるという現実を直視することになります。いつのまにか自分が知らないあいだに、ニコチン中毒という薬物依存症の病人にさせられ、ニコチンが切れてくると、イライラと情緒不安定になり、集中力がなくなり、タバコを吸ってしまう、という、薬物の奴隷の状態に強制的に陥らされていたことを悟ることになります。

病死という末路を迎えるまで

自分の意思でタバコを吸っていると思い込まされていたことに気がつくことになります。知らない間に自分が薬物の奴隷にさせられていたという現実を知ることになります。そのときはじめてこのまま薬物の奴隷の状態で、病死という末路を迎えるまでお金をタバコ生産会社に上納し続けるのか、それとも、この不道徳なカラクリを見破り、今こそ、自分を救い出すのか。その選択をしなければならなくなります。自分の意思で、自分を解放するための戦いを始めねばならなくなります。

ニコチン中毒という地獄

いつしかニコチン中毒という地獄に陥れられたのだと自覚することで、はじめて、その地獄から脱出したいと思えるようになるのです。ニコチン中毒という地獄に落ちたのは、あなたの意思ではなく、ニコチン中毒にされた結果であって、すべてはタバコ販売会社があなたから、お金をしぼりとり、病死するまで金づるにしようとして仕組んだ完全犯罪だったのです。巧妙に合法化された犯罪行為の被害者になっていることに気がつけば、タバコはすぐにもやめられます。自分が好きで吸っているんだと錯覚させられていたことに気がつけば、もう、あなたはだまされることはありません。

ニコチンの禁断症状の克服

タバコを断ち切るには、ニコチンの禁断症状を克服しなければなりませんが、このカラクリを見抜いたならば、どんな困難も克服して、本当の自分の自由な人生を取り戻したいと思えるようになります。この心理状態になりさえすれば禁煙は絶対に成功するのです。誰でも禁煙に成功する秘訣は、ここにあったのです。

タバコを吸うと異性にモテない

20代、30代の独身男女の調査で、独身女性の約5割が喫煙する男性とは恋愛できないと答えています。喫煙習慣のある異性は恋愛対象になるかどうかをアンケートすると、男女とも5割前後が、いいえと答えています。男女共に約5割が、タバコの臭いが気になる、病気になってほしくないという意見です。健康志向が進み、タバコが嫌いな男性も女性も増加してきています。タバコは臭いから不愉快であるし、癌や認知症などを誘発し不健康です。

タバコの匂いが髪の毛や服について

喫煙者とはキスは無理ですとはっきりいう人もいます。タバコは吸っている本人の身体にも悪いし、副流煙のために吸ってない人までも不健康にします。タバコの匂いが髪の毛や服について気になるし、結婚となると、将来の子供にも悪影響です。好きな人には健康で長生きしてもらいたいと考える人も多いです。喫煙は、毎日一箱でもかなり無駄な出費ですし、健康面に害しかありません。

タバコ会社にカモにされている

タバコを吸っている人間は愚かな人間です。放っておいても身体は老化して病気になるのに、発がん物質と老化促進物質の塊であるタバコを毎日吸い込んでどんどん身体を破壊しているのです。このような自己破壊が平然とできるのは、知能が未熟であるからだといえるでしょう。知性と教養に欠ける人間だからこそ、ニコチン依存症になってしまうし、そこから抜けられないのだということです。そしてタバコ会社だけがどんどん儲けるというわけです。タバコ会社にカモにされていることを悔しいと思えないほどの愚か者なのです。

あわせて読みたい関連記事: