老化を加速させてしまう喫煙

スポンサーリンク

女性はアンチエイジングに熱心です。レスベラトロールに、コエンザイムQ10、ブルーベリーや、ヒアルロン酸、コラーゲンにスッポンエキス、実にさまざまなアンチエイジングのサプリメントを飲んでいます。マルチビタミンなどを飲んでいる人もいます。しかし、もし、喫煙をしているなら、これらの努力はすべて水の泡になります。なぜなら、タバコはもっとも強い効果のある老化促進剤だからです。

タバコの煙の成分が人体の血管壁を酸化

タバコは動脈硬化を促進していくことが医学的に明らかになっています。そのため、喫煙していると動脈硬化から血管が詰まるような病気になりやすいのです。心筋梗塞や脳梗塞が有名です。それに続いておこる心不全や認知症はさらにたいへんな病気です。肌の老化を加速していくのもタバコの大きな特徴です。肌がどんどん老化してシミ、シワ、たるみが増えます。これはタバコの作用で皮膚の毛細血管の動脈硬化が進んで、血流が悪くなることが原因です。また、タバコの毒を分解するために大量のビタミンCが消費されるため、カラダは慢性的なビタミンC不足になります。ビタミンCは老化を防ぐ重要な栄養素なので、これが不足すれば体内の酸化が進んでいくのです。人生は死にむかって進む砂時計のようなものですがタバコを吸うことは死への階段を加速して降りる行為です。

女性のアンチエイジングをもっとも妨害するのがたばこ

女性として少しでも魅力を高め、維持し、アンチエイジングしたいのであれば、禁煙をすることが先決です。禁煙することで癌や心疾患や脳血管障害にかかることが減りますので医療費も抑制されます。タバコで記憶力も低下するし、思考力も低下するのです。まったく何もメリットはありません。ニコチン中毒の禁断症状に一生ふりまわされて、タバコを求め続ける薬物の奴隷になります。
ストレス解消のためにタバコを吸うという人がいますが実際にはニコチン中毒になっているだけです。あなたをニコチン中毒にして金儲けをしている悪徳企業が存在していることを思い浮かべて下さい。彼らのカモになって自分で自分のカラダを破壊していく喫煙という悪習慣を一刻も早く断ち切ることをおすすめします。

喫煙によって認知症や心臓病のリスクも増加

タバコを吸っている女性をいまだにみかけます。若い女性に多いですが、中年の女性にも多いです。タバコを吸うと、一酸化炭素が大量に肺に吸収されます。それが血液に入って、血管に運ばれ、そこで、血管の壁を破壊して、動脈硬化を起こします。血管の老化は、全身の老化をひきおこします。血流障害により、肌は老化し、しわがふえていきます。しみや黒ずみなどの肌のトラブルが増加します。双子を追跡調査した研究で、双子の片方が喫煙者、もう片方が非喫煙者であった場合、同じ年齢であるにもかかわらず、喫煙者のほうが何倍も老けた容貌だったのです。どんな女性にとっても、肌をいつまでも若く保ちたいはずです。にもかかわらず肌を老化させるタバコを吸い続ける人が多いのは、無知のなせるわざとはいえ、愚かしいことです。

アイコスでも癌の可能性はある

いつまでも若々しく美しくいたいのであれば、今すぐにタバコをやめるべきです。タバコには200種類もの発癌関連物質が含まれ、
肺癌、食道癌、喉頭癌などの多くの癌が増加します。乳癌も、吸わない人の約三倍以上の発症です。喫煙はニコチン中毒という疾患であるとWHOも認めています。一日も早く、禁煙しましょう。最近、アイコスという新しい電子タバコが流行っていますが、アイコスであっても、たばこの葉を原料にして作られているので発がん物質はしっかりと含まれています。乳癌になるリスクを高めていることにおいては、ふつうのタバコと同じ意味を持ちます。そして、コロナによる死亡者は喫煙者に多いことも明らかになっています。コロナ感染が重篤になるのは喫煙者なのです。コロナから身を守りたいなら禁煙すべきです。

あわせて読みたい関連記事: