タバコの害

タバコの害

受動喫煙は深刻なPM2.5問題

微小粒子状物質PM2.5とは、大気中に漂う粒径2.5μm以下の小さな粒子のことです。PM2.5には有害な成分が多数含まれており、粒径が小さいので肺の奥深くにまで入り込んで、肺癌や心臓病を起こすのです。髪の毛の太さの30分の1ほどの細かな粒子...
タバコの害

糖尿病の人は禁煙しないと危険

糖尿病の人は禁煙が必須です。食事やレシピを工夫するよりも禁煙です。糖尿病の食事のレシピで、炭水化物や糖質を減らすことで糖尿病が改善するという方法が普及しつつあります。血糖値の数値も改善していくものが多いようです。糖尿病は炭水化物を摂取すると...
タバコの害

喫煙は老化を早めフレイルを発症させる

喫煙習慣がある人は、タバコの作用で老化が加速します。 その結果、フレイルとよばれる状態に早期に突入してしまうのです。 フレイルとは、体が老化し、ストレスに弱い状態になっていることを指します。 筋力低下や疲労感、活動性の低下、体の萎縮な...
タバコの害

日本人に必要な癌予防と禁煙の関係

日本人の死亡の原因は、欧米とは違い、癌が首位にあります。 欧米は心筋梗塞などの循環器系の病気が首位です。 そのため、欧米では心臓病を減らす観点から禁煙が進められています。 一方、日本は、心臓病はもちろんですが、発がん性物質の塊としての...
タバコの害

タバコの煙はPM2.5と同じ毒性

中国では今、都市全体がシックハウス症候群の状態になっています。 北京や上海は光化学スモッグで空が曇り、住民は喘息や皮膚炎が激増しています。 この有害物質をPM2.5と呼んでいます。 全身倦怠感に苦しむ人も増えています。有毒化学物質を吸...
タバコの害

屋内全面禁煙を早期実施し、受動喫煙の被害を減らそう

喫煙が原因でおこる病気の医療費そのほかが世界経済に及ぼす年間1兆ドルに なる経済損失は、喫煙関連死者数は約600万人と並び人類の抱える大問題です。 WHOが2013年から2014年のたばこ税(税収約2690億ドル) よりも、喫煙コスト...
タバコの害

腰痛はタバコで悪化する

腰痛に悩んでいる人はタバコをやめることがもっとも重要な腰痛解消法です。 タバコを吸うと、腰痛は悪化するのです。タバコの中の成分は血流を阻害して 体のさまざまな部位への酸素供給を妨害します。腰痛になる人は腰部の神経や 組織への十分な血流...
タバコの害

受動喫煙の被害をゼロにするために

厚生労働省が長年にわたって、我が国の禁煙政策を怠っている間に、 日本の医療費は増大し、タバコが原因で起こる心臓病や脳梗塞や高血圧の 患者が激増し、製薬会社や医療業界は儲かる一方、国家財政に大きな負担を 生んできました。日本は、受動喫煙...
タバコの害

高血圧とタバコ

高血圧症と言われたら、すみやかに禁煙する必要があります。 高血圧を治す食事療法のレシピには、いろいろありますが、 基本的な考え方は、禁煙をして、小麦食品を控えることなのです。 喫煙による動脈硬化と、小麦の過剰摂取が、高血圧や心臓病の原...
タバコの害

タバコは末梢循環を悪化させ冷え性や腰痛を悪化させる

冷え性を改善するには、まずは温めることです。 温めるには、いろいろな方法があります。 食べ物や運動や入浴なども温める効果がありますが、 てっとりばやい方法は、遠赤外線などで直接、下半身を温める方法です。 遠赤外線の暖房や、足浴ウ...