妊娠とタバコ

妊娠とタバコ

タバコは母親の敵であり子宝の敵でもある

タバコが流産の原因だった タバコを吸っていると、流産しやすくなります。 このため、なかなか妊娠しないということになるのです。 タバコの成分であるニコチンは、全身の血流を阻害します。 子宮や卵巣においてもこの悪影響が出ます。 ...
妊娠とタバコ

妊娠判明時に18%が喫煙しているという異常さ

妊娠中に喫煙すると、ニコチンやタールをはじめとする化学物質が胎児の脳の発達を阻害し、学習低能児や発達障害児が生まれることが世界的な研究でもすでに明白になっています。ところが、妊娠が分かったときに喫煙していた女性は全体の18%もいます。つまり...
妊娠とタバコ

夫の喫煙で妊娠率が半減

胎児は喫煙者がそばにいるだけで、その副流煙による悪影響を受けることがわかっています。不妊治療をしている人はタバコの害に特に注意が必要です。体外受精の際に、体外で受精させた卵子を胎内に戻した時に、無事に妻が妊娠する確率は、妻本人や夫がたばこを...