禁煙政策

禁煙政策

禁煙推進し喫煙者を日本からなくすには

喫煙者がいなくなることで医療費が半減するほどになることは以前から指摘されてきたことです。医療費の高騰の原因となるほとんどの病気が喫煙によって発症し、喫煙によって増悪する病気です。また、たとえ発症しても禁煙すれば治ったり、症状が軽減したりする...
禁煙政策

職場における受動喫煙防止対策

受動喫煙の健康被害を予防することは労働安全衛生において重要視されてきています。企業によっては採用時に、喫煙していないことを採用条件にする会社も出てきています。受動喫煙をした人は、その心身への影響として、流涙、鼻閉、頭痛などの症状がおこります...
禁煙政策

たばこ増税は受動喫煙の被害者を救うための方策

たばこの発がん性が広く知られ、受動喫煙の被害への理解が広がりつつあります。禁煙推進のため、たばこ増税を求める声が強まっています。財務省のたばこ増税案は2018年から3年かけ1本あたり3円増税するものです。現在1本あたり約12円のたばこ税です...
禁煙政策

「子供を受動喫煙から守る条例」と日本臨床腫瘍学会

日本臨床腫瘍学会が、禁煙宣言を出しました。その宣言内容とは、日本臨床腫瘍学会とその会員は、あらゆる機会をとらえて禁煙を推進しますとのことです。また、すべての喫煙者に禁煙を指導しますとのことです。このほか9項目を宣言しています。喫煙は、癌や腫...
禁煙政策

フレイルを減らすには禁煙推進の啓蒙が必須

高齢になって筋力が低下し、心身の活力がなくなってくる状態をフレイルと呼びます。「フレイル」状態の人が、国内に250万人以上は存在しています。フレイルの人の大部分は介護を受けないと生活できません。フレイルの悪化を防止するには、十分な栄養をとら...
禁煙政策

受動喫煙対策法案と加熱式たばこ

加熱式たばこは外資系フィリップモリス、日本たばこ産業などが商品投入していますが、 受動喫煙対策法案にも影響を与えるだろうと目されています。 加熱式たばこは、たばこの葉っぱを燃やさずに、熱して蒸気を発生させるものです。 蒸気を吸引するた...
禁煙政策

WHOたばこ規制枠組み条約の遵守で喫煙率低下

たばこ消費抑制策五項目とは、世界保健機関(WHO)が2005年に発効させた、 たばこ規制枠組み条約(FCTC)の中に盛り込まれているものです。 国際たばこ規制策評価プロジェクトは、2015年までの10年間で、 たばこ消費抑制策五項目の...
禁煙政策

タバコ増税で一箱三千円になれば喫煙者は減る

5月3日オーストラリアが発表したタバコ増税は、2017年から4年間、毎年12.5%ずつ税率を上げることで、西暦2020年には約3200円になるということです。税収増より国民を喫煙から遠ざけることを主眼としているこの増税は、今後、世界中でも追...
スポンサーリンク