禁煙セラピー

禁煙セラピー

禁煙治療のスケジュールと費用は?

タバコがやめられないと悩む時、禁煙外来を受診しましょう。禁煙治療は、三か月間で五回ほどの通院で、二万円以内です。標準的な禁煙治療のスケジュールは、おおむね12週間をかけて五回の診察を行う場合が多いです。初回の診察で、禁煙を開始し、二週後に再...
禁煙セラピー

「タバコやめる気ありませんので」という患者

内科医をはじめとして、多くの誠実な医師たちを困らせるのが、「タバコやめる気ありませんので」という患者です。高血圧や糖尿病や慢性閉塞性肺疾患の治療を受けているにもかかわらず、このようなセリフを吐く患者がいます。主治医は、治療の効果をあげるため...
禁煙セラピー

喫煙者はニコチン依存症という病気にかかっている

精神疾患を持つ人には喫煙者が多い理由は、タバコにはカドミウムが含まれ、これを吸い込むと脳に蓄積し、精神疾患の原因になるためであるともいわれています。禁煙の推進は、精神疾患の減少に寄与する可能性があります。その一方で、禁煙補助薬バレニクリンは...
スポンサーリンク
禁煙セラピー

喫煙で乳がんの危険4倍に

喫煙で乳癌の危険は4倍にはねあがります。 たばこを吸う閉経前の女性は、吸わない人に比べると、 乳がんの危険性が約4倍も高いのです。 受動喫煙でも危険性は上がるので注意が必要です。 たばこの影響は、乳がんだけではありません。子宮がんや...
禁煙セラピー

がんを防ぐための新12カ条

厚労省が発表した「がんを防ぐための新12カ条」の第一条は「たばこは吸わない」です。 第二条は「他人のたばこの煙をできるだけ避ける」です。 12カ条のうち、二つまでタバコに関する記述です。 このことからも、いかにタバコの発がん物質が強い...
禁煙セラピー

禁煙外来

禁煙したいけれどもできそうにない人は、とりあえず、禁煙外来を受診して、相談をすることからとりくんでみることをお勧めします。喫煙は、ニコチン依存症という薬物依存であると世界保健機関(WHO)が定めています。たばこの煙には多くの有害物質が含まれ...
禁煙セラピー

喫煙の心理学―最新の認知行動療法で無理なくやめられる

イギリスの臨床心理学者が書いた名著を翻訳したものです。医学的に納得できる禁煙本です。指示された作業はレポを書きながら考えることです。依存プロセスと心理的依存の両方の角度から禁煙を支援します。70%の禁煙成功率をあげたノウハウです。認知行動療...
禁煙セラピー

EDと喫煙

タバコが男性の性機能障害(ED)を促進していることを知っていますか?EDが嫌なら、すぐにタバコをやめることをおすすめします。タバコを吸わず健康な生活をしている人はEDになるリスクが少ないことがすでに明らかになっているのです。45歳以上のED...
禁煙セラピー

禁煙セラピー

世界40カ国で1千万部突破した禁煙セラピー。その最終進化版が本書です。禁煙を助ける暗示療法が収録された催眠療法CDが付録についています。禁煙を達成するにはニコチンの依存性と禁断症状を理解することが大切です。ストレス解消のためにタバコを吸って...
禁煙セラピー

禁煙のために

禁煙は、ニコチン依存という薬物依存の要素と、喫煙行動そのものへの依存の二種類があります。喫煙行動という行動そのものが精神的依存の対象になるということです。この喫煙行動の部分を別物に代替させてあげるだけで、禁煙が簡単に成功することも多いです。...
スポンサーリンク