禁煙政策

フレイルを減らすには禁煙推進の啓蒙が必須

高齢になって筋力が低下し、心身の活力がなくなってくる状態をフレイルと呼びます。「フレイル」状態の人が、国内に250万人以上は存在しています。フレイルの人の大部分は介護を受けないと生活できません。フレイルの悪化を防止するには、十分な栄養をとら...
禁煙セラピー

「タバコやめる気ありませんので」という患者

内科医をはじめとして、多くの誠実な医師たちを困らせるのが、「タバコやめる気ありませんので」という患者です。高血圧や糖尿病や慢性閉塞性肺疾患の治療を受けているにもかかわらず、このようなセリフを吐く患者がいます。主治医は、治療の効果をあげるため...
たばこ産業

禁煙をすることがなぜあなたにとって大切なことなのか

タバコを販売している会社というのは、人間を癌や心臓病や肺気腫や認知超などの病気にさせる毒薬を販売している会社ですので、どう考えてもこれは悪徳企業と見なさざるを得ません。そのような企業が存在できるのは、わたしたちが、タバコを合法的なものとして...
スポンサーリンク
禁煙セラピー

喫煙者はニコチン依存症という病気にかかっている

精神疾患を持つ人には喫煙者が多い理由は、タバコにはカドミウムが含まれ、これを吸い込むと脳に蓄積し、精神疾患の原因になるためであるともいわれています。禁煙の推進は、精神疾患の減少に寄与する可能性があります。その一方で、禁煙補助薬バレニクリンは...
禁煙政策

受動喫煙対策法案と加熱式たばこ

加熱式たばこは外資系フィリップモリス、日本たばこ産業などが商品投入していますが、 受動喫煙対策法案にも影響を与えるだろうと目されています。 加熱式たばこは、たばこの葉っぱを燃やさずに、熱して蒸気を発生させるものです。 蒸気を吸引するた...
タバコの害

喫煙は老化を早めフレイルを発症させる

喫煙習慣がある人は、タバコの作用で老化が加速します。 その結果、フレイルとよばれる状態に早期に突入してしまうのです。 フレイルとは、体が老化し、ストレスに弱い状態になっていることを指します。 筋力低下や疲労感、活動性の低下、体の萎縮な...
禁煙政策

WHOたばこ規制枠組み条約の遵守で喫煙率低下

たばこ消費抑制策五項目とは、世界保健機関(WHO)が2005年に発効させた、 たばこ規制枠組み条約(FCTC)の中に盛り込まれているものです。 国際たばこ規制策評価プロジェクトは、2015年までの10年間で、 たばこ消費抑制策五項目の...
タバコの害

日本人に必要な癌予防と禁煙の関係

日本人の死亡の原因は、欧米とは違い、癌が首位にあります。 欧米は心筋梗塞などの循環器系の病気が首位です。 そのため、欧米では心臓病を減らす観点から禁煙が進められています。 一方、日本は、心臓病はもちろんですが、発がん性物質の塊としての...
タバコの害

タバコの煙はPM2.5と同じ毒性

中国では今、都市全体がシックハウス症候群の状態になっています。 北京や上海は光化学スモッグで空が曇り、住民は喘息や皮膚炎が激増しています。 この有害物質をPM2.5と呼んでいます。 全身倦怠感に苦しむ人も増えています。有毒化学物質を吸...
タバコの害

屋内全面禁煙を早期実施し、受動喫煙の被害を減らそう

喫煙が原因でおこる病気の医療費そのほかが世界経済に及ぼす年間1兆ドルに なる経済損失は、喫煙関連死者数は約600万人と並び人類の抱える大問題です。 WHOが2013年から2014年のたばこ税(税収約2690億ドル) よりも、喫煙コスト...
スポンサーリンク