労働安全衛生法

禁煙政策

禁煙推進し喫煙者を日本からなくすには

喫煙者がいなくなることで医療費が半減するほどになることは以前から指摘されてきたことです。医療費の高騰の原因となるほとんどの病気が喫煙によって発症し、喫煙によって増悪する病気です。また、たとえ発症しても禁煙すれば治ったり、症状が軽減したりする...
禁煙政策

職場における受動喫煙防止対策

受動喫煙の健康被害を予防することは労働安全衛生において重要視されてきています。企業によっては採用時に、喫煙していないことを採用条件にする会社も出てきています。受動喫煙をした人は、その心身への影響として、流涙、鼻閉、頭痛などの症状がおこります...
就職とタバコ

喫煙者は採用されない時代になってきました

40才過ぎて転職活動をする人も多くなっていますが、新規採用者は喫煙習慣のない人を選ぶという企業が増えてきています。今後、タバコを吸う人は採用しないという企業はどんどん増えていくことでしょう。健康増進法が施行されたことで、企業は受動喫煙から社...