PM2.5

タバコの害

受動喫煙は深刻なPM2.5問題

微小粒子状物質PM2.5とは、大気中に漂う粒径2.5μm以下の小さな粒子のことです。PM2.5には有害な成分が多数含まれており、粒径が小さいので肺の奥深くにまで入り込んで、肺癌や心臓病を起こすのです。髪の毛の太さの30分の1ほどの細かな粒子...
タバコの害

タバコの煙はPM2.5と同じ毒性

中国では今、都市全体がシックハウス症候群の状態になっています。 北京や上海は光化学スモッグで空が曇り、住民は喘息や皮膚炎が激増しています。 この有害物質をPM2.5と呼んでいます。 全身倦怠感に苦しむ人も増えています。有毒化学物質を吸...